【大学中退で就職する方法】最新版

*

マナーを守って面接を

   

マナーを守ることがアピールポイント

 面接ではマナーが幾つか存在し、それを守ることができない場合には相手の印象がマイナスになってしまいます。特に大学中退者の場合には中退をした人間ということもあり、マナーに関しては不安に見られている部分もあるため、他の立場の人に比べるとマイナスの度合いは大きくなる可能性が高いです。

 最もどんな立場の人間でもマナーを守れない人というのは存在するため、逆にマナーを守れればそれが他の応募者との差を埋める方法になるということもあります。

 大学中退であれば面接のマナーを教わってはいないはずですので、まずは面接のマナーを覚えるところから始めましょう。面接中だけでなく面接が始まる前と後のマナーに関しても理解しておくようにしてください。

練習してマナーを身につける

 しかしマナーは頭で分かっていても体がついていかないということも多いです。特に就職となれば面接に慣れていないはずなので緊張から思うように動かないということも多いでしょう。中退者であれば面接の練習もできていないので尚更のことです。

 学校で練習できなくても、セミナーや特定の場所で面接の練習をすること自体は可能です。もちろん擬似的な面接であるため質問の内容に関しての練習としては足りませんが、マナーを身につけるための練習としては十分であるため、機会があれば積極的に参加しておくといいでしょう。

【関連記事】
大学中退で聞かれる質問は
大学中退者が自己紹介ですること

 - 面接対策

  関連記事

大学中退者が自己紹介ですること

中退した理由について触れておく  面接の最初で自己紹介を促されるということは多い …

大学中退で聞かれる質問は

中退した理由について  大学中退をした人であれば当然の如く必ずといっていいほどこ …