【大学中退で就職する方法】最新版

*

内定が決まった後の手続き

      2015/10/20

必要書類について

 内定が決まれば就職活動も終わりを迎えます。しかし今度は入社のために様々な手続きをしなければならず、その手続きの一環として書類の用意をしなければいけません。必要な書類は企業によって変わってくるため、企業側からの説明をしっかり聞くか、連絡をする等して確認をしておきましょう。そして書類によっては入社前に提出する必要があり、期限が決まっているものがあるため、それを優先して用意するようにしましょう。

 そして大学中退の人が用意すべきものとして退学証明書というものを用意することになります。退学した大学に手続きをすることでもらえる書類であるため、内定が決まった時よりも、就職活動をする前にもらっておいた方がいいでしょう。しかし発行には正式に退学をしていなければできないため、退学は正式な手続きで済ませておくのを忘れないようにしてください。

他の内定をもらった企業へと連絡

 複数の企業へと応募をしたという方がほとんどでしょうが、当然のことながら内定は複数出る可能性があるものです。ですが入社は1つの企業にしかできないため、複数内定をもらったのであれば、選んだ企業以外にはお断りの連絡をしなければいけません。

 入社する企業を決めた後は他の企業へと内定辞退の連絡をしましょう。連絡の内容については簡素なものでいいので、辞退することと謝罪の言葉で終わらせましょう。むしろ長々と話すと逆にトラブルを引き起こす原因になるからです。

【関連記事】
入社をする時に考えるべきことは
内定をもらった後はどう過ごすか
大学中退者の電話克服法
試用期間とは何なのか
就職を失敗だったと感じた人のために、考え方・対処法・注意点を紹介します

 - 入社準備

  関連記事

試用期間とは何なのか

 大学中退のあなたが、就職活動を実らせて、内定先に労働契約内容の確認に出向いた際 …

大学中退者の電話克服法

電話応対は社会人基礎力の一つ  大学中退後に就職活動を始めたひとは、大学から新卒 …

内定をもらった後はどう過ごすか

何はともあれ健康の確認を  内定をもらった後で考えるべきこととしては、まずは健康 …

入社をする時に考えるべきことは

どこの企業を選ぶか  1つの企業だけであれば迷う必要はありませんが、複数の企業か …

就職を失敗だったと感じた人のために、考え方・対処法・注意点を紹介します

思考のコントロールに挑戦  何か問題が生じた時には、思考をコントロールすることで …