【大学中退で就職する方法】最新版

*

大学中退した後にする自己分析

   

自己分析で決める進路

 自己分析は自分が持っているものを再確認する作業です。高卒に比べると大学中退は辞めてしまった時期にもよりますが、それでも大学の経験は残っているはずです。高卒と同じように今までを振り返る一方で。大学で得たものを振り返るようにもしましょう。そして自己分析でしたいこととしては、自分が持っているものの確認をするよりかは、それを確認した上でこれからどうしていくのかということです。

 大学中退であれば、ここから別の学校へと進学する選択肢も取れ、更に場合によってはリスクも大きいですが起業をするという選択をすることもできます。もちろん就職をそのまま考えることも可能なため、自分が持っているものからどの選択を取っていくかを判断してみましょう。

ネガティブに考えずに

 理由はともあれ大学中退した人の大半は自主的に辞めたいと考えたわけではないため、精神的にもまいっている状態であることが多いでしょう。

 そのような時に自己分析をしようと考えると逆に悪い考えばかりが出てしまって、逆に活動することの意欲を奪われる結果となってしまいます。辞めた直後はリラックスをするようにして、立ち直ることができたら改めて自己分析をするようにしましょう。

【関連記事】
大学中退した後の就職活動
大学中退者がする企業の分析

 - 就職の進め方

  関連記事

大学中退した後の就職活動

就職を目指すか、それとも  大学中退をしてしまえばもちろんこれからどうするかを考 …

大学中退者がする企業の分析

「悪い企業」を判断する  企業の情報を調べて判断していくものとしては「自分にとっ …