【大学中退で就職する方法】最新版

*

大学中退で就職するための5つの流れ

 就職活動は、確かに新卒者の方が有利でしょう。しかし、会社としてはそうした立場よりも、応募してきたその人自身を見極めようとするはずです。大学中退者であっても卑屈にならずに、且つ、就職の流れを見極めながら積極的に活動すれば日の目を見ることができるでしょう。

就職・転職準備について

 就職の流れの中で水源となるのが、この準備です。大学生活や中退後の生活とは異なった環境が待っているわけですから、その為の身体と心の準備を整えておいてください。自分を分析すること、気になる業界の動向をチェックしておくこと、これらも当然必要な就職活動のための準備となります。

【参考記事】
大学中退した後の就職活動
大学中退した後にする自己分析
大学中退者がする企業の分析

求人情報について

 大学を中退してしまったとしても、参加できる企業の説明会はあるはずです。合同説明会も含め、求人情報に繋がる場へは、積極的に足を運ぶようにしましょう。求人に「大卒以上」の応募条件があったとしても、会社が求める人材と自分が一致しているようなら応募を検討してみるべきです。

【参考記事】
大学中退した後の仕事探し
大学中退で使うハローワーク
大学中退で見る求人情報
正規雇用と非正規雇用の違いって?

履歴書や職務経歴書について

 「大学中退」と履歴書に記載するのは気が引けるかもしれません。しかし、書かないわけにもいきません。また、この記載があることで逆に興味を持ってもらうことも期待できます。そこを突破口に、大学中退をプラスにできるような要素を履歴書に加えておけば完璧です。

【参考記事】
大学中退で書く履歴書
大学中退者の書く志望動機
大学中退者のするアピール方法

面接について

 面接では、恐らく大学生活とそれをリタイヤしてしまったことについても触れられるでしょう。また、面接では、その企業や業界のことをどれだけ理解しているのかが重要な鍵を握ります。事前の研究が出来ていれば、学歴すら気にならない問答ができるはずです。

【参考記事】
マナーを守って面接を
大学中退で聞かれる質問は
大学中退者が自己紹介ですること

退職・入社準備について

 応募書類作成時や面接対策の時に研究した企業や業界について、入社までにさらに細かく研究と分析をしておいてください。これが内定をもらった人の入社準備となります。入社までの間、遊んで過ごしている暇はありません。この過ごし方で入社後の全てが変わってくると思っておきましょう。

【参考記事】
内定が決まった後の手続き
入社をする時に考えるべきことは
内定をもらった後はどう過ごすか
大学中退者の電話克服法
試用期間とは何なのか
就職を失敗だったと感じた人のために、考え方・対処法・注意点を紹介します

公開日:
最終更新日:2015/10/27