【大学中退で就職する方法】最新版

*

大学中退で聞かれる質問は

   

中退した理由について

 大学中退をした人であれば当然の如く必ずといっていいほどこれが聞かれることになります。もちろん内容によって相手の印象はいい方向にも悪い方向にも大きく変わってくることになります。ポイントとしては理由自体は人にもよると思いますが、理由「だけ」を答えるようではマイナスになる可能性が高いということです。

 理由の中には病気が原因とする方もいると思いますが、そのまま答えてしまうと「仕事が長続きできるのか」と企業側に不安を与えてしまいます。学びたいことがなかったので辞めたという答えは他の学校へと行ってない限りは問題外です。

 答えるのであれば理由を答えるのと同時に、その後就職のためにどのようなことをしてきたかというのを追加で答えた方がいいでしょう。そうすれば相手も前向きになっていることを受け止めてくれるはずです。ちなみに答える際には相手から聞かれるよりも、自分が言う機会をもらったら、その時ついでに答えておいた方がマイナスの度合いとしては少ないものとなります。

大学について

 一方で中退した時期にもよりますが、一定以上通学していた場合には大学のことについて聞かれることも多いです。これはある意味では「大学に行っていてそれが身になっているかどうか」を調べるための質問にもなります。

 質問の内容は多種多様であるため明確な答えはありませんが、答えられない場合には大学に行っていた意味自体もないものとして捉えられてしまうため、自分が大学でしていたことについては理解しておきましょう。

【関連記事】
マナーを守って面接を
大学中退者が自己紹介ですること

 - 面接対策

  関連記事

大学中退者が自己紹介ですること

中退した理由について触れておく  面接の最初で自己紹介を促されるということは多い …

マナーを守って面接を

マナーを守ることがアピールポイント  面接ではマナーが幾つか存在し、それを守るこ …