【大学中退で就職する方法】最新版

*

大学中退者がする企業の分析

   

「悪い企業」を判断する

 企業の情報を調べて判断していくものとしては「自分にとって」良い企業か悪い企業かを分析することです。いわずもがな今の社会は問題のある企業が存在し、それが野放しになっているという現状があります。社会側の行動がアテにできない以上、自分で引っかからないように情報を集めて判断していくしかありません。ただ、論理的に問題のある企業はもちろんですが、他にも自分に合うと思わない「悪い企業」の判断をすることも大事です。

 仕事内容や労働環境等、企業の情報を調べていき「これは自分には合わないな」と感じるものが出てくることもあるでしょう。実際に合わないと感じる「悪い企業」は就職しても長続きできない可能性が高いため、情報を総合するか、一部分の問題に注目して判断してみましょう。

言葉に惑わされず自分の意思で考えること

 

 企業における考えというのはネットで見ても分かるとおりに様々な意見があります。立場によって意見が変わるのはもちろんのこと、本人の考えによって変わることももちろんあります。正直な話をしてしまえば中には世論が「自分の都合の悪い」方向に行かないように印象操作としての意見を出す「輩」も存在します。残念ながら人格的に問題がある人間が野放しになってしまって、それが「偉い立場」にいることが多いのも今の国内の現状です。

 そのため他人の言葉にそのまま感化されず、聞いた上でおかしいと思うことはおかしいと判断しなければいけません。これも企業を選ぶ上で正しく選ぶには大事なことなのです。

【関連記事】
大学中退した後の就職活動
大学中退した後にする自己分析

 - 就職の進め方

  関連記事

大学中退した後にする自己分析

自己分析で決める進路  自己分析は自分が持っているものを再確認する作業です。高卒 …

大学中退した後の就職活動

就職を目指すか、それとも  大学中退をしてしまえばもちろんこれからどうするかを考 …