【大学中退で就職する方法】最新版

*

大学中退者が自己紹介ですること

   

中退した理由について触れておく

 面接の最初で自己紹介を促されるということは多いです。自己紹介ですべきことは自分の名前は当たり前として、趣味や特技、資格や免許、何かしらの体験談に関して触れてもいいでしょう。しかし大学中退をした人の場合にはこの自己紹介の時に中退の件に関して触れておきましょう。

 どちらにせよ大学中退で面接となれば、中退した理由は確実に聞かれることになるため、自己紹介という自主的に語る場面で言っておいた方が本人の心の準備もできていて、相手からも潔いとしてマイナスの印象が薄くなる可能性があるからです。

時間はどれくらい取るか

 大学中退をした理由も語らなければいけないと考えると、自己紹介に関してはそれを含めて語る時間のことを考えなくてはいけません。自己紹介で取れる時間は大抵1分か2分辺りとなるため、中退の理由の内容によっては半分埋まってしまう可能性もあります。

 理由を語る時間のことを考えて、残り時間で何を語るのかを考えてみましょう。文章ではなく口頭で語ることになるため、言葉による時間の消費具合も気をつける必要があります。できれば面接前に実際に言ってみて、どれくらいかかるか確認した方がいいでしょう。

【関連記事】
マナーを守って面接を
大学中退で聞かれる質問は

 - 面接対策

  関連記事

大学中退で聞かれる質問は

中退した理由について  大学中退をした人であれば当然の如く必ずといっていいほどこ …

マナーを守って面接を

マナーを守ることがアピールポイント  面接ではマナーが幾つか存在し、それを守るこ …