【大学中退で就職する方法】最新版

*

大学中退者の書く志望動機

   

企業を調べて書く

 志望動機はその企業でなければならない理由を書く欄です。ということは別の企業でも通じる内容で書いてしまえばその時点で志望動機としての説得力はほとんどないものとなってしまいます。逆に応募した企業にしか当てはまらないものを書けば、企業側としても理解力があると判断されて、大きなプラスへとなります。それを書くためにはやはり企業のことを予めしっかりと調べておく必要があります。

 とはいっても企業に応募するのであれば該当する企業の情報は調べて当然ともいえるでしょう。その場合には他の企業の情報を調べるのを忘れないようにしましょう。応募した企業へと向けに書いた内容が他の企業に当てはまるとなれば説得力が薄れてしまうからです。

テンプレートではなく自分の言葉を

 しかし一方で「興味があった」「魅力を感じた」という文章はただそのまま書いてしまうとテンプレート的な内容になってしまって、印象としては薄いものとなってしまいます。興味を持ち、魅力を感じた事柄を内容として書くのは間違ってはおらず正しいことではあるのですが、書くのであれば自分なりの言葉で表現してみましょう。

 内容によっては逆効果にもなってしまいますが、それでも「その他大勢」として終わらずに印象に残すことができる可能性が高くなります。

【関連記事】
大学中退で書く履歴書
大学中退者のするアピール方法

 - 履歴書

  関連記事

大学中退で書く履歴書

履歴書の書き方は知っているか  大学中退で就職するとなれば学校側での就職活動のや …

履歴書の資格欄に何を書けばいい?資格を持っていない人の書き方とは?

資格がなくても就職への道は途絶えません    履歴書を手にすれば、そこには必ず資 …

大学中退者のするアピール方法

書く前にアピールできることを考える  自己PRは自分のアピールできることを書く欄 …