【大学中退で就職する方法】最新版

*

大学中退者の電話克服法

      2015/10/20

電話応対は社会人基礎力の一つ

 大学中退後に就職活動を始めたひとは、大学から新卒で働き始めたひとに比べると、社会人基礎力が劣る傾向が強いです。これは、大学の就職ガイダンスや、社会人基礎力を養成する講座などを受講した経験の有無によるものです。

 中でも、電話応対に苦手意識を持つ大学中退者は、相当数、いるようですね。ですが、社会に出るからには、電話応対をせずにすむ職種は限られていますし、新入社員はまず、電話がなったらすぐにとるように言われます。

 だからこそ、電話応対の基本を身に付けておかないと、入社後に自分の評価を下げることにつながってしまうのです。入社前に、ある程度の電話応対ができるように、準備しておくことをおすすめします。

電話が苦手という意識を変えるために

 では、電話に対する苦手意識を変えるためには、どうしたらよいのでしょうか?まずは、基本の電話応対の方法を覚えて、それをくり返すことです。

 新卒者向けのマナー本などの中に、電話応対の方法が詳しく説明されているものがありますので、まずはそれに目を通します。そして、自分が就職する会社に合わせて、自分なりのマニュアルを作成するのです。

 電話応対で確認すべきことは、どの会社でもさほど変わりません。誰から、誰宛に電話がかかってきたのか、不在のとき、すぐに連絡をつける必要があるのか、戻ったら折り返し電話するように伝えればよいのか、電話があったことを伝えればよいのかを確認し、きちんとメモを残せればよいのです。

 時には、マニュアル通りの対応をしてくれない相手に戸惑うこともあるかもしれませんが、電話は習うより慣れろです。苦手なことだからこそ、1回でも多く電話応対をして、慣れていきましょう。

【関連記事】
内定が決まった後の手続き
入社をする時に考えるべきことは
内定をもらった後はどう過ごすか
試用期間とは何なのか
就職を失敗だったと感じた人のために、考え方・対処法・注意点を紹介します

 - 入社準備

  関連記事

試用期間とは何なのか

 大学中退のあなたが、就職活動を実らせて、内定先に労働契約内容の確認に出向いた際 …

内定をもらった後はどう過ごすか

何はともあれ健康の確認を  内定をもらった後で考えるべきこととしては、まずは健康 …

内定が決まった後の手続き

必要書類について  内定が決まれば就職活動も終わりを迎えます。しかし今度は入社の …

就職を失敗だったと感じた人のために、考え方・対処法・注意点を紹介します

思考のコントロールに挑戦  何か問題が生じた時には、思考をコントロールすることで …

入社をする時に考えるべきことは

どこの企業を選ぶか  1つの企業だけであれば迷う必要はありませんが、複数の企業か …