【大学中退で就職する方法】最新版

*

履歴書の資格欄に何を書けばいい?資格を持っていない人の書き方とは?

   

資格がなくても就職への道は途絶えません

 
 履歴書を手にすれば、そこには必ず資格欄が存在しています。資格を持っていなければ、ここには何も書くことができません。いえ、正しくは「特になし」と書くことが可能。しかし、それ以外は書ける言葉が見つからないでしょう。

 資格がないと就職するのは難しいのか、そんなことはないと断言しておきます。就職時に資格を持っている人の方が実際には少ないからです。

「特になし」と書いてあっても、それに対して採用担当者がどう思うかと言えば、それこそ「特になし」。これ以外の感想を持つ採用担当者はそうそういないと考えられます。

よほどの資格でなければ意味はない

 就職活動に役立つ資格というのは、よほどのもののみです。誰が聞いても「凄い」とうなるような資格でなければ、就職希望者にとってはたいした武器とはならないでしょうし、企業に対してのアピールにもならないでしょう。

 もしあなたと同じ境遇で就職活動をしている人がいたとして、その人の履歴書の資格欄に何かしらの資格が書いてあったとしても、それはたいしたものではないことがほとんどのはず。
 そのたいしたことのない資格は、企業にとっては「特になし」と変わらず、採用するか否かを決定する要素とはなりません。

 履歴書の資格欄に書けるものがない場合は、気休めと言われるかもしれませんが事実なので、そう思っておきましょう。

どうしても「特になし」が嫌ならば

 履歴書の資格欄を埋めることにたいした意味は無いと、ここまで説明しても、それでも「特になし」と書いておくだけでは納得がいかないのであれば、取得を目指している資格や将来的に取ろうと思っている資格を履歴書に書いておきましょう。

 応募先の企業で働く上で役に立つような資格でなければ書いても意味はないことだけは押さえておいてください。何でもかんでも書いていいわけではなく、また、実現が不可能な資格も安易に書くべきではありません。

 ただ、イメージをよくしようと思った行為が、逆にイメージダウンになることもあるため、資格を持っていないなら履歴書の資格欄には下手に書き込まないことをお勧めします。

【関連記事】
大学中退で書く履歴書
大学中退者の書く志望動機
大学中退者のするアピール方法

 - 履歴書

  関連記事

大学中退者のするアピール方法

書く前にアピールできることを考える  自己PRは自分のアピールできることを書く欄 …

大学中退者の書く志望動機

企業を調べて書く  志望動機はその企業でなければならない理由を書く欄です。という …

大学中退で書く履歴書

履歴書の書き方は知っているか  大学中退で就職するとなれば学校側での就職活動のや …